ゴルフ4大メジャー大会、全米オープンを大特集。ゴルフニュースやランキング情報を紹介。

David Cannon/Getty Images

History

歴史

名門に挑む21世紀誕生コースの「正体」

今年の全米オープンは初開催となるエリンヒルズGCが舞台だ。オープンから10年ほどのニューカマーが、なぜ晴れの舞台に選ばれたのか? その歴史に迫ってみたい。

6コース目となるパブリックでの開催

米国にありながら英国のリンクス風コースだ(写真/Getty Images)

まずは下記の表をご覧いただきたい。過去20年の中で、初めて全米オープンの舞台となったコース名、優勝者、優勝スコアの表だ。

【過去20年の中で初めて全米オープンの舞台となったコース】
1999年 パインハーストリゾートNO.2(ノースカロライナ州) 優勝/ペイン・スチュワート(1アンダー)
2002年 ベスページステートパーク・ブラックC(ニューヨーク州) 優勝/タイガー・ウッズ(3アンダー)
2008年 トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州) 優勝/タイガー・ウッズ(1アンダー)
2015年 チェンバーズベイ(ワシントン州) 優勝/ジョーダン・スピース(5アンダー)

コースによって多少の違いはあるが、USGA(全米ゴルフ協会)が目指す「イーブンパー」に近い優勝スコアになっている。深いラフと狭いフェアウエーによりゴルファーに過酷な「忍耐」をしいる――これこそが全米オープンの舞台なのだ。

では、今年の会場である「エリンヒルズGC」はどうか。ウィスコンシン州に開場した年は2006年。全米オープン開催コースの中では6つ目のパブリックコースだ。2015年に行われたチェンバーズベイGCもパブリックであり2007年の開場。主催者側のアグレッシブな姿勢が目立っているが、

「全米オープンの開催コースはほとんどが歴史的で有名な場所だが、われわれは新しいゴルフコースも導入していくことも大事だと思っている。なぜなら、世界でこれほどのゴルフコースがあるのは米国だけであり、それは誇りにしていくべきだからだ。全米オープンを開催するのに十分ならば開催していくし、歴史を作っていくべきだと考えている」

とUSGAは語っている。そういう意味では2023年に開催予定のロサンゼルスCCも、今後の注目コースの一つといえるだろう。

【今後の全米オープン予定】
2018年 シネコックヒルズGC(ニューヨーク州、5回目)
2019年 ペブルビーチGL(カリフォルニア州、6回目)
2020年 ウイングドフットGCウエストC( ニューヨーク州、6回目)
2021年 トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州、2回目)
2022年 ザ・CC(マサチューセッツ州、4回目)
2023年 ロサンゼルスCC(カリフォルニア州、初)
2024年 パインハーストリゾートNO.2(ノースカロライナ州、4回目)
2025年 オークモントCC(ペンシルベニア州、10回目)
2026年 シネコックヒルズGC(ニューヨーク州、6回目)

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!